いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

肺炎球菌予防ワクチンとは 

肺炎球菌は体力低下や高齢による免疫力低下により、病気を引き起こす原因になります。肺炎球菌による主な病気:肺炎、気管支炎等の呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎など、65歳以上では、肺炎の死亡率は、がん、心臓病、脳卒中に次いで高く、抗生物質耐性菌が増えており、治療がますます困難になっています。肺炎球菌ワクチンによる予防が非常に大切です。

サイトマップ TOP >

肺炎球菌ワクチンについて

肺炎球菌が原因となる肺炎などの感染を予防するワクチンです。

特徴

肺炎球菌による感染症の予防に効果が期待されます。

・1回の接取で5年以上免疫が持続するという報告があります。

・接種後の副反応(副作用)として注射部位の腫れ、痛み、軽い熱が見られることがあります。

注意

・全ての肺炎を予防するものではありません。(肺炎球菌には80種類以上の型がありますが、このワクチンはそのうちの23種類の型に対して免疫をつけることが出来ます。これで肺炎球菌による感染症の80%を予防することが出来るとの報告があります)

・接種後、免疫(抗体)ができるまで平均3週間程度かかります。

・再接種(2回目の接取)はできません(注射部位の痛みなどの副反応が強く出ることがあるため)

副反応

・注射部位の腫れ、痛み、軽い熱などがみられることがありますが、通常2〜3日でおさまります。

接取を受けることが不適当な人

・過去に肺炎球菌ワクチンを接種された方

・2歳未満の方

・免疫を抑える治療をされている方

・明らかな発熱がある方

・重い、急性の病気にかかっている方など

肺炎球菌により,重篤な疾患に罹患する危険の高い人

・脾臓の摘出手術を受けた人*(保険適用あり)・鎌状赤血球貧血脾臓機能不全のある方

・慢性の心疾患・呼吸器疾患のある人、腎不全肝機能障害(肝硬変など)、糖尿病のある方

・高齢者(65歳以上) ・免疫抑制の治療を予定されている方

ホジキン病アルコール依存症(過去も)、免疫不全症のある方など

このワクチンの成分が原因となって、肺炎を引き起こすことはありません。

2歳以上の脾臓摘出を受けた方は健康保険が適用されます。



肺炎球菌感染症とは?
日常生活における肺炎の主な病原体
肺炎球菌ワクチンについて
肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチン
主な死因別にもた死亡率の年次推移
ワクチン先進国では
リンクについて
リンク集


































肺炎 看護




肺炎球菌予防ワクチンとは All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。