いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

肺炎球菌予防ワクチンとは 

肺炎球菌は体力低下や高齢による免疫力低下により、病気を引き起こす原因になります。肺炎球菌による主な病気:肺炎、気管支炎等の呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎など、65歳以上では、肺炎の死亡率は、がん、心臓病、脳卒中に次いで高く、抗生物質耐性菌が増えており、治療がますます困難になっています。肺炎球菌ワクチンによる予防が非常に大切です。

サイトマップ TOP >

肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチン

インフルエンザにかかると、肺炎を引き起こすことがあります。

肺炎球菌ワクチンインフルエンザワクチンの両方を接種することで、より高い肺炎予防効果が得られます。
通常、両方のワクチンは6日間以上あけて接取します。

肺炎球菌ワクチンは季節を問わず接取が可能です。

詳しくはかかりつけの医師に相談ください。



肺炎球菌ワクチンは、日本の医療制度上、一生のうち1回しか接種できません。

肺炎球菌ワクチンを接種したら、接種済みシールを保険証に貼るなどして忘れないようにしましょう。

肺炎球菌感染症とは?
日常生活における肺炎の主な病原体
肺炎球菌ワクチンについて
肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチン
主な死因別にもた死亡率の年次推移
ワクチン先進国では
リンクについて
リンク集
幼児 肺炎




肺炎球菌予防ワクチンとは All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。