いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

肺炎球菌予防ワクチンとは 

肺炎球菌は体力低下や高齢による免疫力低下により、病気を引き起こす原因になります。肺炎球菌による主な病気:肺炎、気管支炎等の呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎など、65歳以上では、肺炎の死亡率は、がん、心臓病、脳卒中に次いで高く、抗生物質耐性菌が増えており、治療がますます困難になっています。肺炎球菌ワクチンによる予防が非常に大切です。

サイトマップ TOP >

ワクチン先進国では

日本は、ワクチン後進国だといわれています。

いろいろな要因があると思いますが、ワクチンは健康なときに打つもので、日本人の特徴なのか副作用のほうが気になるようで、打たない人が多いようです。

また、日本の医療制度も一因だと思われますが、薬局へ行けば簡単に薬が手に入る、もし病気になっても病院へ行けば治してくれるし、安い治療費で苦にならない。そのような状況が未然に病気を防ぐという意識を少なくしていると思われます。

では、日本のように健康保険が整備されておらず、ほとんどの人が高額な病院代を実費で支払うアメリカではどうでしょうか?

アメリカでは、ドラッグストアで買った薬で殆どの病気を治す国民性があります。高い治療費は支払えないのです。

なので、当然病気の未然予防に積極的です。サプリメントなど非常によく売れているようです。

ワクチンも同様です。アメリカはワクチンの先進国です。

このサイトのタイトルでもある肺炎球菌予防ワクチンにおいては、

接種率が1997年には65歳以上の高齢者で平均45.3%で、1999年には接種率は50%を超えています。

これはアメリカでの65歳以上のインフルエンザワクチンの接種率とほぼ同率です。

米国厚生省(DHHS)の疾患管理センター(CDC)が、65歳以上の高齢者やハイリスクグループの人たちに、肺炎球菌ワクチンをインフルエンザワクチンと同時に接種するように強く推奨しているためです。

日本においては、現在、再接種ができないことになっていますが、アメリカにおいては、1997年から特にハイリスク(65歳以上の高齢者の方等)の人達に再接種が勧められています。



肺炎球菌感染症とは?
日常生活における肺炎の主な病原体
肺炎球菌ワクチンについて
肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチン
主な死因別にもた死亡率の年次推移
ワクチン先進国では
リンクについて
リンク集
肺炎 ワクチン




肺炎球菌予防ワクチンとは All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。